レーシングドライバー横溝直輝サイト
sitemap

RaceReport

TOP > RaceReport> 07/5/4 SUPER GT 第3戦レースレポート

Formula Nippon

  1. 第1戦 3月31日、4月1日
      富士スピードウェイ
  2. 第2戦 4月13日、14日
      鈴鹿サーキット
  3. 第3戦 5月19日、20日
      ツインリンクもてぎ
  4. 第4戦 6月9日、10日
      岡山国際サーキット
  5. 第5戦 7月7日、8日
      鈴鹿サーキット
  6. 第6戦 8月25日、26日
      富士スピードウェイ
  7. 第7戦 9月15日、16日
      スポーツランドSUGO
  8. 第8戦 10月20日、21日
      ツインリンクもてぎ

SUPER GT

  1. 第1戦 3月16日〜18日
       鈴鹿サーキット
  2. 第2戦 4月6日〜8日
       岡山国際サーキット
  3. 第3戦 5月2日〜4日
       富士スピードウェイ
  4. 第4戦 6月22日〜24日
       セパンサーキット
  5. 第5戦 7月27日〜29日
       スポーツランドSUGO
  6. 第6戦 8月17日〜19日
       鈴鹿サーキット
  7. 第7戦 9月7日〜9日
       ツインリンクもてぎ
  8. 第8戦 10月12日〜14日
       オートポリス

2007/5/4 SuperGT 第3戦 富士スピードウェイ

公式練習
前回の菅生テストの良い流れを維持していきたい46号車だが、コンディションの違う富士スピードウェイでは思うようなバランスで走れない。また、午前中は前日の雨が路面をぬらしている状態の為、思うようにセッティングを進められず苦しい状態のまま練習走行を終えることになってしまった。

公式予選
今回も決勝セッティングを担当ということで、決勝を見据えたセッティングを予選で確認し、前日からマシンバランスが良くなっている感触を持つことができた。 ラウンド3となると特別性能調整を受け、ストレートの速いマシンが上位にきているだけにレース戦略、オーバーテイクポイントなど難しいレースになることが予想されるだけに間違いなくタフなレースになるだろう。
しかし、アベレージラップの速い46号車は500kmのレースを走りきることができればかなり面白いレースができると思える状態までマシンは仕上がっている。 スーパーラップでも佐々木選手が6位タイムをマークしたことで、表彰台を狙えるグリッドからスタートとなった。

決勝
スタートの混乱をうまく避け、レース序盤はポジションキープ。
レース中盤あたりから8台による4位争いを展開する。ストレートスピードに勝るマシンをオーバーテイクするためにコーナーリングで勝負をするが、唯一のオーバーテイクポイントのストレートで引き離されてしまい苦しいレース展開となるが、粘り強い走りで5位まで順位を上げ、41ラップ終了時点で佐々木選手に交代。

セカンドスティントの時間帯になると気温が下がり、タイヤのパフォーマンスを発揮できるコンディションになると、トップのマシンと遜色ないタイムで走行を続ける中、50周目にネッツコーナーにおいてGT300とGT500車両によるアクシデントが発生しコース上で炎上。この消火と車両の排除のために赤旗中断とされ、各車両はメインストレートでいったん停止して待機。隊列を組み直した後にスタートが切られることになった。

再スタート後もペースの速い46号車は3位まで順位を上げる。しかし、2ストップ作戦を選択した46号車はもう一度ピットインしなくてはならず、1ストップ作戦を選択しているマシンにピットインのロスタイム中にかわされた事で8位まで順位を落としてしまう。 しかし、フレッシュタイヤに変え44秒台での走行を続け、6位まで順位を上げてきた矢先に,ネッツコーナーでマシントラブルが起きたときのような動きでコースアウトする映像が飛び込んでくる。そのまま緊急ピットインした46号車はフロントタイヤを交換してピットアウトするが、その翌周に再度ピットイン。メカニックが迅速な作業を行う中、サスペンショントラブルが判明。残り周回数を考えると修復作業の時間が無く残り4ラップというところで無念のストップとなってしまった。
マシン、ドライバーともに速さを見せていただけに、非常に悔しい結果となってしまったが、次回のセパンでは更なる活躍を期待したい。

コメント
今回は最低表彰台、優勝を目標にRd.3に臨んだのですが、不運としか言いようが無いトラブルによりとても悔しい結果となってしまいました。マシンはレース毎にコンペティティブになっていますので、気持ちを切り替えて次戦のセパン(マレーシア)に標準を合わせていきたいと思います。